MACF学生のためのよくある質問集
CAFE 香庵 [koh-an]
ご来店ありがとうございます。カフェ・香庵は、桑原香苗の個人サイトです。
トップページ
香苗について
かなねこめがね
プロセスワーク
ジャワ舞踊あれこれ
セッション&ワークショップ
リンク集
  ▲このページのトップへ  
 
Frequently Asked Questions
for MACF Students

MACF学生のためのよくある質問集

ポートランド・プロセス・ワーク・センター(PWCP)は、2004年9月から新しい修士課程Master of Arts in Conflict Facilitationを開講予定です。その詳しい説明はPWCPのサイト(英文)にありますが、そのFAQをざっと日本語訳しました。今年度の応募締切は6月1日ですので、手早く情報がほしい方のために、ここに上げておきます。
また、6月1日を過ぎても、次年度への応募は引き続き受け付けています。今年は難しいという方は、次年度をお考えになってみてください。
さらに詳しい情報などがほしい場合は、香苗kanaekw@aol.comまでメールでお問合せください。



 
  Are there prerequisites needed to apply?
Yes, applicants need a bachelor’s degree from an accredited institution in the United States or the equivalent from outside the United States. Foreign students will receive with their application instructions for obtaining equivalency for their degrees.
応募に必要な資格はありますか?
はい。米国の教育機関での学士、あるいは海外でのそれに相当する資格が必要です。海外からの学生には、学位振替の手続きを、プログラムへの応募手続きといっしょにお知らせします。
 
     
  How many hours of internship are required?
320 hours over 3 years including 200 hours of direct contact time, 24 hours of supervision and 110 hours of planning and preparation.
インターンシップは何時間必要ですか?
3年間で320時間です。そのうち、直接相手と接触する時間が200時間、スーパービジョン24時間、計画および準備のための時間が110時間です。
 
  ▲このページのトップへ  
  How many hours of meetings, etc. are required?
Advisor meetings:
40 hours per year, minimum of 120 hours over 3 years
Study Committee meetings:
twice per year (once during each residency)
Triad/Peer Group meetings:
30 hours per year, 90 hours over 3 years
Elective classes:
minimum of 10 days (6 hours per day) over 3 years
Internship supervisor meetings:
24 hours over 3 years.
ミーティングは何時間必要ですか?
アドバイザーとのミーティング:
年間40時間、3年間で最低120時間
スタディ・コミティ・ミーティング:
一年に2回(ポートランド滞在時に各一回)
トライアド/学生同士のグループのミーティング:
年間30時間、3年間で90時間
選択科目:
3年間で最低10日(一日6時間)
インターンシップ・スーパーバイザーとのミーティング:
3年間で24時間。
 
     
  How much does the program cost?
Annual tuition is $8,900.00 ($4,450.00 per semester) Tuition includes course fees, two study committee meetings, weekly meetings with advisor, meetings with supervisors and administrative costs. It excludes course fees for electives. It also does not include room, board or travel costs or the cost of internet or phone connections for conferencing at a distance.
プログラムにかかる費用はどのくらいですか?
1年間の学費は$8,900(各学期$4,450)です。これには、必修科目、スタディ・コミティ・ミーティング2回分、アドバイザーとの毎週のミーティング、スーパーバイザーとのミーティング、事務経費が含まれます。選択科目の費用は含まれません。また宿泊費や交通費、遠距離での話し合いのためのインターネットや電話代も含まれません。
 
  ▲このページのトップへ  
  Dates for both residencies for the first year cohort:
September 1st - 11th, 2004
April 14th - 24th, 2005
第一期生のポートランド滞在(スクーリング)スケジュール:
2004年9月1-11日
2005年4月14日―24日
 
     
  Is accreditation retroactive?
Yes, if the PWCP graduate school is given regional accreditation, degrees granted prior to the accreditation are included.
「公認」は遡って与えられますか?
はい。PWCPが地域の「公認」を得られれば、それ以前に与えられた学位も含めて公認されます。
 
  ▲このページのトップへ  
  Who are the faculty members?
Faculty members are listed in the back of the MACF student handbook. Several of these faculty will be teaching for the first residential period. Arny and Amy Mindell and Max Schupbach are also part of the teaching faculty. Their seminars are included in the first and second years’ residencies.
教員はどんな人たちですか?
MACF学生ハンドブックの後ろに教員リストがあります。その中の何人かが一年目のスクーリング期間に教える予定です。アーニー&エイミー・ミンデルとマックス・シュパックも教員の一員です。彼らのセミナーは一年目と二年目のスクーリングに含まれています。
 
     
  Can I choose from any of the world diplomates to be my advisor, study committee member, supervisor or teacher of elective courses?
Yes. Any diplomates who are not currently listed as faculty can apply through the center to be included in this list. They will need to satisfy certain state requirements and should contact the center office for details before agreeing to be in a faculty role.
自分のアドバイザー、スタディ・コミティのメンバー、スーパーバイザー、選択科目の教師には、世界中にいる公認プロセスワーカー(ディプロメイト)の誰を選んでもいいのですか?
はい。今は教員リストに載っていない人でも、リストに記載されるようセンターを通じて応募することができます。オレゴン州の規定を満たすことが必要なので、ディプロメイトが教員になると学生に同意を与える前に、センター事務所に詳細を問い合わせてください。
 
  ▲このページのトップへ  
  Why is the program authorized but not accredited and what is the difference?
Authorization means the program is acknowledged by the State of Oregon. Accreditation is an additional level of endorsement granted by a consortium of regional Colleges and Universities. In order for a degree program to be accredited, it needs to be in existence for a minimum number of years before the formal accreditation process begins. We are working towards this goal. Authorization requires that we comply with various state rules and standards, however it does not qualify our students to receive federal financial aid.
このプログラムは「認可」されているけれど「公認」されていないというのはなぜですか?その違いはなんですか?
「認可」とは、プログラムがオレゴン州によって認められているということです。「公認」とは、地域の短大・大学協会から与えられる付随的な承認のことです。学位を与えるプログラムが「公認」されるためには、正式な「公認」手続きをとり始める以前に、最低何年間か存続していることが必要です。私たちはこの目標に向けて努力しているところです。「認可」は州のさまざまな条例や基準に従うことを必要としますが、「認可」だけでは当プログラムの学生に連邦政府の奨学金を受ける資格を与えることはできません。
 
     
  Is it possible to go through the program at a slower rate?
No, it is not possible at this time to go at a slower rate - because there's no guarantee that the next year's class will start.
プログラムをもっとゆっくり行うことはできますか?
いいえ。現在のところゆっくり進むことはできません。次年度のクラスが始まるかどうか保証がないからです。
 
  ▲このページのトップへ  
  Is it possible to go at a faster rate?
No, because classes for the MACF program are held during specific residency periods. There is no way to take classes faster than during the periods already established.
もっと早く進むことはできますか?
いいえ。MACFプログラムのクラスが決まったスクーリング期間に行われるからです。現在決定しているクラスの時期より早くクラスをとることはできません。
 
     
  What is the minimum/maximum class size?
Minimum class size is around 12; no maximum numbers as of yet.
最少/最大のクラスのサイズはどれぐらいですか?
最小は12人。今のところ最大の人数は決まっていません。
 
  ▲このページのトップへ  
  Can other students take the classes?
Classes during the residencies are for MACF students only, except when the course overlaps with seminars (this happens with two seminars, one with Arny and Amy Mindell and one with Max Schupbach). Elective courses may also be attended by other participants.
他のプログラムの学生もクラスを取ることができますか?
スクーリング期間のクラスはMACFの学生のみを対象としますが、コースの中にセミナーが含まれる場合は例外です(アーニー&エイミー・ミンデルのセミナーとマックス・シュパックのセミナーという二つのセミナーがこれに当たります)。選択科目では他の参加者も参加することがあります。
 
     
  Is there an overlap between programs?
Yes, there is a Diploma program overlap. Students can be enrolled in both programs simultaneously. All MACF courses can be applied to the Diploma program requirements, however, students must pay separate tuition for the Diploma program as well as any additional classes, all Diploma study committee meetings and any therapy or supervision or other costs beyond what is required for the MACF program.
他のプログラムと共通する部分はありますか?
はい。ディプロマ・プログラムと共通するところがあります。学生は、両方のプログラムに同時に登録することができます。またMACFのコースはすべてディプロマ・プログラムの必修要件に当てることができます。ただし、ディプロマ・プログラムの学費や追加するクラス、ディプロマ・プログラムのすべてのスタディ・コミティ・ミーティング、セラピーやスーパービジョンその他、MACFプログラムの必修要件を超えるものはすべて、別に支払う必要があります。
 
  ▲このページのトップへ  
  Can your thesis serve both programs?
An identical thesis cannot be submitted to both programs. The data or research component upon which the thesis is based can be used towards two different thesis, but the overall focus and analysis has to be adapted to each specific program.
(最後に提出する)論文は、どちらのプログラムでも使えますか?
まったく同じ論文を両方のプログラムに提出することはできません。論文が依拠するデータや構成要素は二つの論文共通に使用することができますが、全体の焦点や分析はそれぞれのプログラムに適した形に変えなければなりません。
 
     
  Is there someone you would recommend that I could talk to about the program and how it may match with what I am looking for?
You can contact diplomate Dawn Menken at dmenken@igc.org.
プログラムについて、またそれが自分の求めるものに合っているかどうかについて、誰かと直接話せますか?
公認プロセスワーカーのドーン・メンケンに連絡してください。
dmenken@igc.org
日本語の場合は:
・ 桐山岳大
・ 桑原香苗 kanaekw@aol.com
 
  ▲このページのトップへ  
  What is the difference between programs?
Many skills overlap, but the programs have different underlying purposes and lengths.
  1. MACF has an emphasis on relationships, groups, and organizations and is shorter ? only three years.
  2. Diploma & MAPW have much stronger clinical, one-to-one therapeutic focus, prepares practitioner to be therapist, as well as group facilitator.? They also have a stronger personal growth component and the programs are longer ? MAPW is four years and the Diploma has no timeframe.
Many skills overlap, for instance, there will be some one-to-one work in particular with extreme states in the MACF program, as there is in other programs, but the purpose for the skill development is different. In the MACF, the purpose is to be able to work with what arises in groups, and have a basic grasp of those issues, whereas in the Diploma and MAPW, the goal is to be able to work with such situations over time, with a therapeutic intent.
いくつかのプログラムの違いについて教えてください。
多くのスキルは共通ですが、それぞれのプログラムは基本的な目的や期間に違いがあります。 .
  1. MACFは、関係性、グループ、組織に焦点を当て、期間が短く、3年だけです。
  2. ディプロマとMAPW(プロセスワーク修士課程)は、臨床的な一対一のセラピーにもっと大きく焦点を合わせ、セラピストとして養成すると同時にグループのファシリテーターにもなれるようにします。また個人の成長も大きな要素であり、期間も長いです。MAPWは4年、ディプロマには年限がありません。
多くのスキルは共通で、例えばMACFプログラムでも、特に極限意識状態のワークでは、他のプログラムと同様に一対一のワークが含まれます。しかしスキル養成の目的が異なるのです。MACFでは、グループに起こる出来事とワークできること、そのようなトピックの基本を理解することが目的です。一方ディプロマとMAPWでは、そのような状況と長期間、セラピーとしての意図を持ってワークできることが目標となります。
 
     
  What do you have at the end of three years?
After three years, you have Master of Arts in Conflict Facilitation, which is growing field in the world, and significant skills in facilitating group & organizational situations. You may also be eligible to apply to any number of Ph.D. programs.
3年が終わったら何が得られますか?
3年後には、葛藤解決の修士号が得られます。これは世界で伸展しつつある領域で、グループや組織の状況をファシリテートするのに重要なスキルです。またどんな博士課程にも応募できる資格が得られます。
 
  ▲このページのトップへ  
  Are the cohort groups separate from each other?
Each cohort group (the group of MACF students who begin a program together) will be separate from other cohorts (i.e., first group entering program is separate from second group), though certain classes may overlap, such as research colloquia and case analysis.
同期の学年グループはそれぞれ独立になるのですか?
各学年グループ(いっしょにプログラムを始めたMACF学生グループ)は他の学年グループとは別にまとまることになりますが(例えばプログラム第一期生は第二期生とは別です)、リサーチ・ゼミナールやケース分析など特定のクラスは共通になるかもしれません。
 
     
  Are there student visas available for the MACF program?
We have applied for student visa status and this is still pending.
MACFプログラムでは学生ビザがもらえますか?
学生ビザが与えられるよう要請はしていますが、まだ認可が下りていません。
 
  ▲このページのトップへ  
  Is there financial aid available?
Due to the fact we are not accredited, financial aid is not available. Please look into your local community & organizational funding sources, which may be happy to sponsor people to learn & bring skills back to the community. We're working on developing endowment, however there is currently nothing available.
奨学金をもらうことはできますか?
まだ「公認」されていないので、奨学金は利用できません。ご自分の地域コミュニティや組織からの奨学金などをお探しください。スキルを学んでそのコミュニティに持ち帰る人に喜んで奨学金を出すところがあるかもしれません。私たちも寄付を募ってはいますが、今のところ利用できません。
 
     
  Can MACF students do joint internships with other MACF students?
Yes.
MACFの学生は他のMACFの学生と共同でインターンシップを行うことができますか?
はい。
 
  ▲このページのトップへ  
  Is it possible to have a paid internship?
That depends on the internship and the student. Internships are obtained by the student. Each internship situation depends on the organization or situation. Additionally, students need to check on residency and work requirements of the countries in which they reside.
有給のインターンシップを行うことはできますか?
そのインターンシップおよび学生によります。インターンシップは学生が自力で行うものです。それぞれのインターンシップの状況はその組織や状況によって異なります。さらに、学生は自分が住んでいる国でのインターン教育や仕事上の必要条件を確認する必要があります。
 
     
  How do I meet diplomats to find my advisor and study committee?
Faculty contact information is available from the center office. Feel free to call and talk with diplomates on the phone to find out more about them. We'll also have a faculty/student gathering the first night of the program in September 2004, and again a few days later at Arny and Amy Mindell’s coastal seminar.
アドバイザーやスタディ・コミティを見つけるために公認プロセスワーカーに会うには、どうしたらいいでしょうか?
教員の連絡先はセンター事務所で聞いてください。どんな人か知るためには、どうか遠慮なく公認プロセスワーカーに電話して話してみてください。また、2004年9月のプログラム最初の夜には教員と学生の集まりを予定していますし、その2,3日後にも、アーニーとエイミーが行うオレゴン・コーストでのセミナー中に集まりを持つ予定です。
 
  ▲このページのトップへ  
  Would most of the participants in this course be based in Portland or do you think people would travel in?
People will be attending from all parts of the world to attend the two week residencies. Due to the fact that you can do your internship in your home area, it’s highly possible that students will travel in. There will be triads created from the students and you will also meet with them regularly by phone, email or face-to-face. There is also constant contact with supervisors and advisors via the same methods.
プログラム参加者のほとんどはポートランドに住む人たちでしょうか?それとも遠くから来る人たちでしょうか?
2週間のスクーリング期間には世界中から参加者が来る予定です。インターンシップは自分の住む場所で行えるので、遠くから来る学生も多いことが予想されます。そこで学生同士のトライアドを組み、以後は定期的に電話やeメールで、あるいは実際に会うことになります。また同様にしてスーパーバイザーやアドバイザーとの定期的なコンタクトもあります。
 
     
  Is it preferable to be based in Portland or are there particular benefits of being in Portland to study?
No, there is no need to live in Portland. Students are encouraged to make use of resources in their home communities. If time and finances allow, students may also travel to other cities or countries where Process Work events may provide more study opportunities.
ポートランドに住んでいたほうがいいでしょうか?あるいはポートランドにいることで特別に有利なことはありますか?
いいえ。ポートランドに住む必要はありません。学生は自分のコミュニティにあるリソースを利用することを求められます。もし時間と資金が許せば、他の町や国で行われるプロセスワーク関連のイベントに参加して、学習の機会を増やしてください。
 
  ▲このページのトップへ  
【おしながき】
トップページ香苗についてかなねこめがねプロセスワークジャワ舞踊あれこれ
セッション&ワークショップリンク集
Copyright© 2003- Kanae Kuwahara All Rights Reserved. WEBサイト制作:MI-project